『早く復帰する』ために

大切な3つのこと

ケガを科学的に捉え、手術をしなくても
より早い復帰を目指します

固定

  組織した傷を広げずに、患部の過剰な出血を抑え、
炎症反応を最小限にします。患部を動かさいことで、傷の修復に必要な幹細胞(各組織の元となる細胞)の定着を早めます。

リハビリ

 固定をして定着させた幹細胞を、より早く正常な細胞に変化させます(分化)。適切なリハビリをすることで再発しにくいキレイな組織に修復していきます。

『あなた』の協力

私達ができることは『早く復帰させるためのサポート』それだけです。初期は固定をおこない、適切な時期にリハビリをおこなう。シンプルですが、ケガや痛みから早く復帰するためにはこれしかありません。

また治っていくまでの過程で「5日間は動かさないで」「修復を促すために自宅で運動を」など、その時々で具体的なアドバイスをします。組織の修復には「安静」だけではなく、「適切な刺激」が重要で、早く復帰するためには欠かせない要素です。

予防

傷を早くキレイに修復させることで、
再受傷しないより強い組織に再生します。