痛みの原因は?

どこが痛いのか?どうしたら早く治るのか?
エコーやMRIで、 痛みの原因を特定してから治療をします

治療法の選択肢があります

最善の治療法を提案した上で、
希望に沿った治療をします

完全予約制

短い待ち時間で、一人一人に十分に時間を取り施術します


少ない来院回数

遠方から来る方も多く、ほとんどの方が2週間に1回または 1週間に1~2回の来院頻度で治療をしています。
忙しい方でも通院可能です


【7月のヘルスチェック企画】

『腰(こし)』

みなさん腰痛の経験はございますか?
7月は10分間500円で腰痛の検査と簡単なアドバイス、またご相談をお受けします。
治療を希望されない場合は健康保険証は使用しませんので、他院に通院中の方も是非いらして下さい。

今やほとんどの人が経験している「腰痛」ですが、近年その「腰痛」の原因がある程度わかってきました。ある論文では約8割の腰痛は「椎間板」が痛みの原因だというデータがあります。それは日頃、腰痛の方の治療をしていて、実際ほとんどの人に当てはまります。椎間板性の痛みかどうかは、徒手検査である程度判断できます。レントゲンは必要ありません。詳しく調べるにはMRI検査をオススメすることがありますが、ほとんどの方はその場で判断できます。
椎間板性の腰痛であれば、一定期間の固定と安静が必要で、慢性的な腰痛の方にも椎間板が原因の方は大勢いらっしゃいます。
繰り返す腰痛、なかなか治らない腰痛をお持ちの方は、これを機会に原因をはっきりさせませんか?



「早く痛みを取る」ことが大切な理由

「痛み」といっても色々ありますよね
骨折や捻挫の痛み、四十肩の痛み、腰痛、膝の痛みなどなど…
痛みが発生した最初の数日は、「体の組織が損傷したぞ!」と、異常事態を伝えるための炎症反応です。最初の炎症反応が出てすぐに、適切な処置をすれば、数日で炎症反応がおさまり、組織が修復するモードに入るため短い期間で治っていきます。
しかし、痛みが出ても放っておいたり、あえて動かしてみたり、無理をしてスポーツや家事、仕事をしてしまうと、数日でおさまるはずの炎症反応が長引いてしまい(再受傷を繰り返しているため炎症反応が止まらない状態)、慢性炎症状態になってしまいます。
慢性炎症状態になってしまうと、修復が遅くなり痛みが引かないだけではなく、将来的に支障をきたしてしまうような後遺症が残ってしまうこともあります。

みさわ整骨院では、「早くスポーツ復帰してもらう」「仕事復帰してもらう」「日常生活を今まで通りに送ってもらう」ことを最優先に考えています。そして同時に「数十年後、できる限り健康な体でいてほしい」と願い、接骨院として活動しています。

 あなたにとって最善の治療を提案します

体の不調には必ず原因があります。
ケガであれば、骨・軟骨・靭帯・筋肉など「どこ」を損傷したのか。
ハリやコリであれば、筋肉の緊張なのか、二次的に起きた筋肉の緊張なのか。
慢性的な痛みにも原因があります。
患者さんの話を聞いていると、原因が分からないままの方を多く見かけます。

みさわ整骨院では徒手検査をおこない、必要に応じてエコー検査をし、場合によっては、提携している病院にてMRI検査を受けてもらいます。

原因がわからない状態で治療するのは、なんの病気かわからないのに薬を飲むのと一緒です。怖くてそんな治療はしたくありませんよね? 

【予約方法】

① 電話 03-6807-9797 又は 090-7185-3386
② メール [email protected]
③ 公式LINEアカウント→コチラをクリックして友達登録して下さい。

2024年7月の休診日】

7月07日(日) 

7月14日(日) 

7月15日(月) 

7月21日(日)

7月28日(日) 

※休みの日でも緊急の怪我や痛みの場合はお受けしますので、お気軽にご連絡ください。

緊急連絡先 →090-7185-3386(みさわ携帯)
夜間でも繋がります。遠慮なくご連絡下さい。

電話の他にも、いつでも繋がる公式LINEもございます。是非ご利用ください。